校内研究の概要

平成27年度米山東小学校校内研究

[3年継続3年目]

1 研究主題

数学的思考力・表現力を高め,学びを深める児童の育成

~算数科における言語活動の工夫を通して~

 

2 主題設定の理由

(1)学校教育目標から

本校では,学校教育目標を『夢と希望に満ち,自ら学び心豊かでたくましい児童の育成』と掲げ,「進んで学ぶ子」「思いやりのある子」「元気な子」の目指す児童像に向け,その具現化に努めている。中でも「進んで学ぶ子」については,「学習の基礎・基本を身に付け,意欲をもって学習を進める子」,「自分の考えをしっかりもち,学習のめあてに向かって励む子」を重点事項として挙げている。算数科において個に応じた指導の充実を図るとともに,言語活動を取り入れた学習指導の方法を工夫することで,数学的思考力・表現力を高め,学びを深める児童を育成することは本校の教育目標の具現化につながるものである。

(2)児童の実態から

平成26年度の市学力調査の結果を分析すると,本校の児童は,6年生で全国正答率を僅かに下回ったが,4年生,5年生では市正答率・全国正答率を上回っており,基礎・基本がしっかり定着していることが分かった。しかし,「知識」,「技能」に比べ「数学的考え方」の正答率が低く,文章問題で根拠をもって式を立てたり,法則について考えたりすることに課題があることが分かった。このような力を育成するためには,解き方を教えるのではなく,児童が解答に至るまでのプロセスを根拠や理由を考え,課題を解決していく中で学習内容を理解していくことが必要不可欠である。高学年になればなるほど,学力の個人差が大きくなり,それに伴って,関心・意欲も低下する傾向が見られる。そこで,課題解決の中で,言語活動を効果的に取り入れるとともに,個人差に応じた言語活動の在り方を工夫していくことで目指す児童像に迫ることができるのではないかと考えた。

(3)昨年度までの研究の経緯から

昨年度まで2年間,算数科の研究に取り組んできた。1年目は研究主題を「自ら考えをもち,分かりやすく伝え合う児童の育成」としていたが,2年目は「考えを分かりやすく伝え合い,学びを深める児童の育成」として,より学び合いを重視して取り組んできた。見通しをもたせるための課題提示や考えを深めさせるための算数的活動を継続してきたことにより,児童一人一人に考えをもたせ,意見を交流させる授業のスタイルが定着してきている。年度末の反省会では,「分かりやすく伝える」という点については,児童の意識の高まりが見られてきているが,それぞれの学年における「分かりやすく伝える」姿をより明確にして取り組む必要性が挙げられた。また,昨年度は,まとめや適用問題など,授業の終末段階について充実を図ることができたが,さらに一歩進め,授業の振り返りを充実させる必要性も挙げられた。

これらの課題を解決していくために,昨年度までの研究の成果を活かしながら,「算数的表現を用いて表現し,説明し伝え合う活動」「授業の終末段階において学習を振り返る活動」を重点に指導の工夫を図りたいと考え,本主題を設定した。

 

3 研究主題のとらえ方

(1)「数学的思考力・表現力」とは・・・根拠を明らかにして筋道を立てて体系的に考えることや,言葉や数,式,図,表,グラフなどの相互の関連を理解し,それらを適切に用いて問題を解決したり,自分の考えを説明したり,互いに自分の考えを表現し伝え合ったりすること。

(2)「学びを深める」とは・・・他者との交流を通して多様な考えに触れ,自分の考えを練り直し,より良い解き方や新しい考えを導き出すこと。

(3)「言語活動」とは・・・言葉,数,式,図,表,グラフ等を活用して自分の考えを表現したり,相手に説明したりするとともに,相手の考えを聞いて,自分の考えの共通点や相違点に気付き,多様な考えに触れ合いながら互いの学びを深める活動の総称。

 

4 研究目標

数学的思考力・表現力を高め,学びを深める児童の育成を図るために,算数科において言語活動を効果的に取り入れた学習指導はどうあればよいのかを明らかにする。

 

5 研究の視点と手立て

(1)視点1数学的思考力・表現力を高めるための指導の工夫

○ 児童の興味・関心を高める問題提示と見通しをもたせる手立て

 ・教具の工夫やICT活用

   ・既習事項を活用するための場の設定(ICT,算数コーナー等の活用)

  ○ 算数的活動の充実

   ・具体物や半具体物を操作する活動の設定

   ・言葉や数,式,図,表,グラフ等を用いたり,関連付けたりする活動の設定

(2)視点2学びを深めるための指導の工夫

○ 互いの考えを交流する活動

   ・考えを集団(ペア,一斉)で交流する活動

   ・実物投影機や発表ボードの活用

○ 授業の終末段階の充実

・児童の言葉を生かした学習をまとめる活動の設定

・学習のねらいに応じた適用問題の実施

・本時の学習を振り返る活動の設定

(3)基礎・基本の確実な定着と児童の実態に応じた指導の充実 

    ○ 児童一人一人の基礎・基本の定着

   ・レディネステスト,意識調査を活用した児童の実態把握  

   ・個に応じた指導の充実

○ 基本的な学習習慣の形成と環境構成

・学習ルールの徹底    

・日常のノート指導と算数ノートコンクールの実施

  ○ 家庭学習習慣の定着

   ・「家庭学習の手引き」の活用

   ・学級だより等による啓発活動の実施

 

6 検証の方法

(1) 研究主題,目標,研究の視点をもとに研究推進の計画を立て,授業実践を行い,理論の検証をする。必要に応じて修正を図っていくものとする。授業実践にあたっては,事前,事後検討会を行い,検証を行う。その際,ワークショップ形式の少人数による話合い活動を取り入れ,議論の活性化を図る。また,「全員で授業を作る」という共通理解のもと進める。授業実践で得られた結果(記録,調査等)から児童の変容を把握し,手立ての有効性について検討し,日々指導の改善を図っていく。

2)児童の実態を把握するため,算数科の学習に関する意識調査を行い,結果を分析する。(6月と12月に実施)また,市の学力検査・単元別評価テストについても分析を行う。

(3)文献研究,先進校における取り組みの分析研究,公開研究会などへの参加と伝講会の開催などにより,算数科における指導法や言語活動に関する研究を行い,理解と理論を深める。

(4)評価テストや意識調査,行動観察等,児童の変容について,多様な面から評価を行う。また,研究の計画・運営や具体的方法についても,評価表による評価を行う。

(5)授業実践で得られた結果(記録,調査等)から児童の変容を把握し,手立ての有効性について検討し,日々指導の改善を図っていく。