上沼小学校タイトル
 
987-0602
宮城県登米市中田町上沼弥勒寺大下91-2

TEL:0220-34-2339 FAX:0220-34-5602
uwanuma-syo☆city.tome.miyagi.jp
☆を@に書き直して送信願います)
 
アクセス数530390

サイト内検索

学校紹介

上沼小旧タイトル

本校は,登米市誕生とともに,中田町上沼地区の三つの小学校(旧桜場小学校,旧上沼小学校,旧上沼中央小学校)の統合により,平成1741日,「登米市立上沼小学校」として開校しました。

統合した三校の前身は,明治6(1873)の開校という長い歴史と伝統を有しています。東北屈指の大河「北上川」が潤す沃野の中心地に位置し,自然環境に恵まれた環境にあります。献身的かつ協力的な地域(学区は15地区から成る)の方々に支えられた学校です。

本校のシンボルは主に二つあります。

一つは,旧三校で演じてきた郷土芸能を融合し誕生した「上沼鳥舞太鼓」です。毎年56年生が運動会等で演技し,児童同士で継承しております。

二つ目は「青い目の人形メリー」です。昭和2(1927)に日米友好親善のため米国から寄贈されたものです。戦争中の敵国人形に係る焼却命令にもかかわらず,当時の技士さんが隠し通し現在に至ります。いつも学校で子供達を見守っています。

 

校歌紹介動画(Youtube)

<登米市小中学校校歌保存事業 登米市視聴覚センター>
 

沿革

 本校は,登米市誕生とともに中田町上沼地区の三小学校(旧桜場小学校,旧上沼小学校,旧上沼中央小学校)の統合により,平成17年4月1日,新生「登米市立上沼小学校」として開校しました。
 東北屈指の大河「北上川」が潤す沃野の中心地に位置し,自然環境に恵まれています。
 統合2年目を迎えた平成18年度には、旧3校で演じてきたそれぞれの郷土芸能の融合・一体化を目指して,各保存会や地域の指導者の方々の協力をいただきながら、新生上沼小学校の新しい郷土芸能として「上沼鳥舞太鼓」創り上げることができました。
 学区は15地区からなり,国道342号,346号線が貫通し交通至便であり,数kmで岩手県に接しています。