学校タイトル
 
〒987-0702
宮城県登米市
登米町寺池桜小路6
TEL:0220-52-2504 FAX 0220-52-2607
toyoma-syo☆city.tome.miyagi.jp
☆を@に書き直して送信願います)
 

サイト内検索

アクセス数>>>1524731
2011年4月からのアクセス数

登米の歴史探訪

登米の歴史探訪 >> 記事詳細

2014/12/19

東京駅の屋根

Tweet ThisSend to Facebook | by:toyo01
東京駅ができてから100年たちました。第2次世界大戦中の1945年5月25日の東京大空襲で焼失、戦後修復され、更に2007年から5年かけて、1914年(大正3年)創建当時の駅舎に改修されました。今回の屋根修復には、創建当時の物と雄勝産のスレートが使われました。ご存じのように津波で流された中から拾って直して使ったり、足りない分は外国から仕入れたりと大変だったようです。100年前の創建当時の屋根材は、「登米産のスレート」が使われました。また、戦後の修復にも登米産のスレートが使われ、屋根葺き職人として登米から行かれた方がいました。


大正3年創建されたときの東京駅  -写真は「東京駅の歴史」からの出典-


2014年の東京駅


スレート葺きの屋根


14:11 | 投票する | 投票数(13)