中田中タイトル
 
〒987-0621
宮城県登米市中田町宝江黒沼字新西野70
TEL:0220-34-2241 FAX:0220-34-2131
Email: nakada-chu☆city.tome.miyagi.jp
☆を@に書き直して送信願います)
 

カウンタ

訪問者数613860

1 学校経営の基本方針

 第2期宮城県教育振興基本計画,学校教育の重点,並びに登米市教育基本方針にのっとり,全職員の知恵の結集協働の下,熱意,創意,誠意に満ちた学校経営に努め,知・徳・体の調和のとれた生徒の育成を目指し,教育目標の具現を図る。
(1)『生徒一人一人を生かした教育活動の推進』
教育課程の編成と実施にあたっては,基礎的な学力の確実な定着と学んだ事項を活用する力の育成を図り,生徒一人一人の自主的・主体的な活動を重視した教育活動を推進する。
(2) 『家庭・地域と連携し,創意と活力に満ちた教育活動の推進』
地域に開かれた信頼される学校をめざし,家庭や地域の教育力を活用し,地域との連携を図った学校運営及び特色ある教育活動の創造に努めるとともに,全教職員の学校経営参画意識の高揚による教育活動の充実に努める。
 

2 教育目標

(1)教育目標
 生涯にわたって学び続ける「心身ともにたくましい生徒の育成」を期し,以下の4項目を教育目標とする。

 夢と志をもち,自らの生き方を主体的に探求する態度を養う  「高い志と生き抜くカ」
 健康と体力の増進に努め,他者と協調し共に生きる態度を養う  「心身の健康と社会性」
 友愛を深めるとともに,豊かな感性とたくましい心を養う  「友愛とたくましい心」
 基礎学力を身に付け,自ら課題を見つけ解決する態度を養う  「基礎学力と課題解決」

(2)目指す生徒像
  自らの夢や志をもち,将来の「生き方」を考え行動する生徒 
 自ら学習に励む生徒  自分の思いや考え方を表現し,分かりやすく伝える生徒
  主体的に考え,判断し,課題を解決する生徒
  互いに尊重し,認め合い,いたわり合う生徒
 思いやりのある生徒 自己の体験や思いをことばで表現し合う生徒
  社会生活上の決まりを身に付け,善悪を判断し行動する生徒
  運動の楽しさを感じ,体力・運動能力を向上させる生徒
 心身をきたえる生徒 心身の健康と安全な生活に必要な知識と習慣を身に付けた生徒
  災害に積極的に向き合う知識と能力を身に付けた生徒
 (3)具体目標具現に向けての教科・領域別の重点指導事項 (別表)
 

3 学校テーマ

『時を守り,場を清め,礼を正す』
 

5.学校運営協議会

「中田中学校コミュニティ・スクールだより」
第1号(PDF:906kb)平成29年11月20日発行
第2号(PDF:1172kb)平成29年12月20日発行
第3号
(PDF:1085kb)平成30年1月18日発行
第4号
(PDF:1261kb)平成30年11月20日発行
第5号
(PDF:735kb)平成30年12月20日発行

登米市学校運営協議会規則
 (PDF 270kb)
(教育委員会規則第5号 改正 平成29年10月1日教委規則第4号)
登米市のコミュニティ・スクール (PDF 361kb)
(登米市教育委員会 平成28年発行 パンフレット)
登米市のコミュニティ・スクール (PDF 785kb) 
(登米市教育委員会 平成31年発行 パンフレット)
パンフレットの説明 (PDF 263kb) 
学校・地域教育力向上対策事業 (PDF 1541kb)
(登米市教育委員会 平成25年発行 パンフレット)

コミュニティ・スクール パンフレット

(文部科学省Webページ)
 

6.年間計画等

4 指導の重点

〇課題を自分のこととしてとらえ,主体的に課題解決に迫る指導の充実を図る(学力の向上)
〇人権尊重の精神を基盤とし,思いやりや共生の心を育む(心の教育の充実)
〇共感的で安心感のある人間関係づくりに努めるとともに,生徒主体の活動の推進をとおし自己有用感を味わわせる(生徒指導の充実)

 (1) 生徒がつくる「絆づくり」と教員がつくる「居場所づくり」による「行きたくなる学校づくり」の鋭意推進
 ア 「目標設定シート」の具現化
 イ 自己管理能力の育成
 (2) 学習意欲の高揚と学力の確かな定着

 ア「登米市学習スタンダード」の視点をふまえた授業改善の取組
 イ 基礎・基本の定着と活用する力を身に付けさせる指導の充実
 ウ 生徒指導の三機能を生かした学習指導の展開
 エ 学習相談の充実による家庭学習の習慣化と学習意欲の高揚
 (3) 学習条件や学習環境の整備・工夫
 ア 学習習慣,生活習慣,及び学習内容の定着を図る少人数学級の推進
 イ 教材・教具,ICT機器の効果的な活用の工夫と情報モラルを含めた情報教育の充実
 (4) 豊かな心の育成
 ア p4cを取り入れた「考えて議論する道徳」の研修と実践
 イ 教育活動を通じて言語活動を充実させコミュニケーション能力の育成
 ウ 自然体験や福祉体験等,生徒の心に響く体験活動の充実
 工 生徒の主体的な取組によるいじめ撲滅運動の推進
 オ 地域の教育力や教育資源を取り入れるとともに,学習成果の地域への発信
 カ 生徒の主体性を生かした学校行事の工夫・改善
 (5) 一人一人の「生き方」指導の充実
 ア 志教育の実践と全体計画のきめ細かな工夫・改善
 イ 主体的に進路選択できるよう,ガイダンス機能の充実が図られた教育活動の充実
 (6) 健康・安全指導の徹底
 ア 新型コロナウイルス感染症防止に自ら取り組む指導の充実
 イ 生徒が直面している心身の健康課題の把握と健康観察や健康相談の充実
 ウ 食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身に付けさせるための食育指導の充実
 エ 交通安全指導の強化を図るとともに,事故発生時の適切な対応についての指導の充実
 オ 安全安心な学校を目指した,地域と連携を図った防災教育の充実
 カ 運動・スポーツに主体的に親しみ,日常的に実践する資質や能力及び態度の育成
 (7) 現職教育及び校内研究の充実
 ア 生徒一人一人の学びを保証する学年・学級経営の充実,強化
 イ 教職員の職能の伸長を図る現職教育の充実 
 ウ 校内授業研究の充実と各教職員による日々の実践研究による校内研究の充実