〒987-0601
宮城県登米市中田町石森字前田29
TEL:0220-34-2343 FAX:0220-34-6439
ishinomori-syo☆city.tome.miyagi.jp
☆を@に書き直して送信願います)
 

アクセスカウンタ

689457

サイト内検索

校歌

クリックすると,校歌がきこえます!
ジュニアブラスバンド

作詞 山本 正
作曲 佐藤 益喜
 
一 東雲は 茜にそめて
   連れる 陸奥山は
   れい明の 息深々と
   白雉山 今し明けゆく
   石森 我が故郷ぞ
二 豊かなる 千町のみのり
  幸多き 耕土において
  かぐわしき 土のかおりに
  育くまん 正しき道を
  石森 我が故郷ぞ
三 ゆたかにも 心耕し
  すくよかに 目に耘りて
  学友は むつみ親しみ
  いやましに 栄えいたさん
  石森 我が故郷ぞ

 

学校沿革


石森小の あゆみ<学校沿革>

 
明治 6
   16
   22
昭和16
   20
   23
   23
   31
   35
   43
   45
   48
   49
   51
   54
   63
平成 元
     2
    6
   10
   12
   15
   17

     

   
   19

   20
   21
   22


   23
   24
   25
   26

   27


   28

   29
安永寺を校舎として石森小学校が始まる 同時に小倉分教場をつくる(6月)
今の所に校舎が建てられ安永寺の仮校舎より移る
加賀野小学校を分教場とする
石森国民学校と名前をかえる
校歌ができる
日の出児童会ができる
加賀野分教場が独立し加賀野小学校となる
町村合併により中田町立石森小学校となる
校舎が建てられる
鉄筋コンクリート三階建ての旧校舎ができる
小倉分校が閉校になり児童はバスで本校へ通う
創立百周年記念式典 トランペット鼓笛隊ができる
ことばの教室ができる
プールができる
バトントワラーができる
現在の校舎と体育館ができる
現在のプールができる
観察園(池)ができる
県教委より指定を受けた「個に応じた指導(生活科)」の公開研究会を行う
県社会福祉協議会より「児童・生徒のボランティア活動協力校」の指定を受ける
佐藤達(さとる)制作のモニュメント「未来の道標」ができる
創立百三十周年記念
17・18年度 文部科学省指定 
      ~豊かな体験活動推進事業「命の大切さを学ばせる体験活動」~
学校評議員会設置される
耐震工事実施される
各階洋式トイレ設置される
西校門寄贈される (元中田町教育長 麻喜慶四郎殿)
石森学童クラブ設置(校舎内)
地デジ対応大型テレビ設置(10台)登米市教育委員会より「登米っ子学習研究推進事業指定校」の指定を受ける
県教委より「学力向上サポートプログラム事業」の指定を受ける
県知事表彰「e行動節電充実賞」受賞
文科省「コミュニティ・スクール導入に関する実践研究校」に指定
登米市コミュニティ・スクールとして指定
「学校運営協議会」発足及び「第1回学校運営協議会」実施文科省「コミュニティ・スクール導入に関する実践研究校」に指定(2年次)

文科省「コミュニティ・スクール導入に関する実践研究校(取組の充実)」に指定(3年次)

各階に洋式トイレ設置される。(追加)

ジュニアブラス 県小・中・高等学校音楽発表会参加
校舎屋上防水工事終わる
「田んぼ学習」再開
「石森っ子サポーターズクラブ」結成