浅水小タイトル
 

〒987-0611
宮城県登米市中田町浅水字下川面188
TEL:0220-34-2158 FAX:0220-34-6440
asamizu-syo☆city.tome.miyagi.jp
☆を@に書き直して送信願います)

 
COUNTER48109
平成30年4月5日から

校歌

作詞 土井 晩翠
作曲 海鉾 義美
                
1 東北天地    水長く
    山高き影    北上と
    栗駒近く    又遠く
    見る浅水に   わが校舎

2 校に集り    身とこころ
  ねりて鍛うる  若き子ら
  正しく強く   ほがらかに
  新たのみよに  励むなり


3 雨と嵐の    あるるのち
  晴れたる日あり ゆるがざる
  望抱きて    進むなり
  艱難人を    玉と成す

4 四海こぞりて  睦むべき
  高き理想を   胸にして
  生先き長き    若き子ら
  朝な夕なに    奮うなり

校歌楽譜.JPG
 
オルゴールの音色です。浅水小校歌.wma

ウィキペディア(Wikipedia)の「土井晩翠」に校歌の記述があります。
 

校歌紹介動画(Youtube)

<登米市小中学校校歌保存事業 登米市視聴覚センター>
 

浅水小の歴史

治6年  仙台藩の古い倉庫を校舎として水越小学校が開校する(7月)小島分教場とよぶ
10年  校舎を建て,机や椅子をそろえる
19年  水越尋常小学校と名前を変える
22年  二階建ての校舎を建てる  浅部分教場ができる
23年  浅水村ができたことから浅水尋常小学校と名前をかえる
24年  小島分教場が閉校となる
33年  校名を浅水尋常高等小学校とかえる
昭和 2年  巻地区が浅部学区より本校学区となる
16年  浅水国民学校と名前を変える
22年  浅水村立浅水小学校と名前を変える
31年  町村合併により,中田町立浅水小学校と名前をかえる
42年  体育館がつくられる
44年  現在のプールができる
45年  浅部分校が閉校し,浅部分校の児童は本校に通うようになる
54年  現在の校舎ができる
平成 3年  東校舎ができあがる
7年   新体育館ができる
14年   文部科学省から「学力向上フロンティアスクール」に指定される(16年度まで)
     校舎の耐震工事と補修工事を行う
16年  開校記念行事を実施する
     学力向上フロンティア事業公開研究会を開催する
17年  登米市立浅水小学校と改称する
     学校評議員会を設置する
18年  児童用コンピュータを導入する(児童用30台,教師用他17台)
21年  放課後子ども教室を開設
     校庭整地
22年  「登米っ子学習」研究推進事業
     遊具等の安全整備,新設
     子どもの生活習慣確立の取組で,県ルルブル推進委員会表彰
     東日本大震災(23.3.11)
23年  学力向上プログラム指定研究
24年 旧プレハブ倉庫解体・新プレハブ倉庫設置
25年 アメリカシロヒトリを駆除、EM活性液水泳プールに投入、樹木枝葉伐採、校地環境整備
26年 「す・げ・え」あいさつ運動・看板設置
27年 県教委指定「豊かな心を育てる研究指定校事業」公開研究会開催
28年 「なかよし」学級新設,学力向上サポートプログラム事業
29年 浅水小学校スペシャルコンサート実施
    
 

ビバ!イン浅水(浅水四季の歌)

※ 赤い字のところは,秋山さんの歌と歌詞がかわっています。
 
1 小川の流れに キラキラと
  春のひかりが 声かけりゃ
  かえる かお出す あぜの道
   チョイと 浅水 楽しいね
   みんなの笑顔が うれしいね

2 お日さま ジリジリ 夏こがし
  ひまわり高く 背のびすりゃ
  うらの木立で セミしぐれ
   チョイと 浅水 楽しいね
   みんなの笑顔が うれしいね

3 真っ赤なお空に いわしぐも
  夕日が稲穂を 染めるころ
  道行く 小さな 影法師
   チョイと 浅水 楽しいね
   みんなの笑顔が うれしいね

4 今年も 豊年 満作で
  明日も しあわせ 来るように
  やさしく見守る お鶴さま
   チョイと 浅水 楽しいね
   みんなの笑顔が うれしいね
   みどりの浅水 いいところ
   ふれあう笑顔が うれしいね